ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」

【重要】大切なお知らせを心を込めて。
  

2月もいよいよ終わりだ。

この時期、いろいろ終わりが来るものである。そして新たに始まる。

当ザビスタブログ、「煩悩のままに生きてます」も、2005年8月から初めて、3年半。

毎日よく書いてきたものである。

開始当初からの読者もいらっしゃるだろうし、途中から、あるいは逆に去った方々もいらっしゃる。

正直、筆者のオイラにはなかなか読者層というのはつかめない。

でも、まあ、読み続けてくださってる方々というのは、好きで読んでくれてるわけだから、このままのスタイルでブログを続けるのがよいのだろう。

ザビスタブログは、ホームページ用のレンタルサーバーに置いてあるのだが、このロリポップサーバーでは、ブログの画像用の容量が100メガバイトと決められている。

このたび、この容量がいっぱいになってしまったのだ。

っていうことで、画像がこれ以上載せられない。ヤバいじゃん。

少々あせったのだが、サーバーには3つまでブログを置けるそうなので、3月からは、ブログのアドレスを変更することになった。

読者の皆さんにはご迷惑をおかけするが、今までのブログはこのアドレスで。そしてこれからの日々のブログは、下記の新たなアドレスを登録いただいて、引き続きご愛読いただければ幸いだ。

http://blog2.studio-xavi.com/

これを機会に、デザインやブログタイトルを変更することも考えたが、分相応、今までどおりでいいかな、と思ったので、手間もかけずに、同じスタイルでいく。

なにか不都合やこうした方が良い、というアドバイスがあったら、教えていただければありがたい。

今まで、ほんとにありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

χανι


ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」第一部 完
| - | 23:59 | comments(2) | - |







自分の常識がことごとく打ち破られる世界
 

きのうの養老天命反転地は少なからぬ人たちに興味を持ってもらえたようなので、書いてよかった。

自分なりにたくさん写真を撮ったので、機会があれば、今後、それらを使って、思うところをブログで書いていきたい。

この反転地も常識を打ち破るすごい世界だったが、もう少し現実に近いところでも、自分がこうだと思い込んでるものが、実は非常に狭い視野でしか物事を見てないことって、ままあるよね。

さしずめ今日の仕事もその点でとても勉強になった。

愛知最終日は、岡崎でカントリフェスタなるイベントの撮影。

アン&アンディのAKIKOさんの依頼で、イベントの様子をくまなく収めてきた。

まあ仕事としてはそういうことなんだけど、オイラもビクター時代、一応大きな電気メーカー&放送関係の展示会を取り仕切ってきた自負があるから、イベントについては、ああだこうだ思うところがある。

でもね。今日のイベントはオイラの常識とはまるで逆だった。

なにしろ、岡崎の山の上のド田舎(失礼)で、平日の10時から3時半の1日興行。

こんな条件で人が来るのかね、と思ったら、大変!(笑)

1時間前から並ぶ人が出て、途中、入場制限がかかるくらいの人出なのだ。

オイラの知ってるイベントは、99%が男性。ビジネスマン。展示は電飾LEDがチカチカ。ブースの電気使用量がどのくらいかかるか気になるようなもの。

今日のイベントは、99%が女性。主婦。電気使ってるところほとんどなし。

ブースも、金属系ハードイメージのオイラの知ってるイベントに対して、木のぬくもり満載。ソフトイメージだ。

で、こんな感じ。



広い体育館に小さなお店がドワーっと並び、各店目指してお母さんたちが殺到する(^^ゞ

スタンプラリーとかクジ引きなんてやっても客寄せにもならんだろうという男相手の概念も完全に間違ってる。

お客さん殺到!スタンプラリーに燃えまくる。

ホント、女性と男性は人種が違うのだ。商売やるなら正反対のことやらんとウケないんじゃないかと思うくらい違う。

これで、今はカントリー系はやや下火って言うんだから、ブームの時は恐ろしい数の女性が殺到していたんだろう。

もちろん、女性にもいろんな人種がいると思う。

オイラが普段つきあうおねえちゃんたちは、簡単に言えば、ヒールは10cm以上が基本、っていうような人たち(笑)

でも、今日のお客さんたちはほとんどベタヒールか5cm以下。これが一番違ったなあ。

でも、どちらもみなさんキレイなんだよ。志向が違うだけ。だけどそれでほんと全然違う種族になっちゃう。

まあ、皆さん思い思いに楽しんでるから、それがいちばん。

さてオイラのガールフレンド紹介(^_^)v



アン&アンディに仮装した、先日一宮でお世話になったルーシーさん。

オイラもアンディカツラ?で応戦(笑) かぶりものは得意じゃ(^^ゞ

アン&アンディ関係者はみんなこんな感じでコスプレ。(後ろの方に少し写ってますね)

オイラの知ってるコスプレとは、これまた全然違う世界だが、どちらも楽しいことに違いはない。

ともかく、そんな感じで、貴重な体験の愛知出張は無事終了。

あとは高速飛ばして帰ってくるだけ。

順調かと思った東名高速も、終日の雨模様で、バカやるドライバーがちらほら。

大井川のあたりで乗用車横転。 大迷惑。

30分はロスしたなあ。

あとは一気にと思ったら、大和トンネルで、1台自爆。

AKIKOさんによれば、「我々をビューンと追い抜いていった暴走系の3台のうちのどれかだ。もつ焼き3本賭けてもいい」とのこと。どうもそんな感じのクルマだった。



ちょうど目の前で事故処理をしてたので、ゆっくり見物。

中央分離帯に突っ込んで、その辺の草木をなぎ倒した感じが画像からもわかる。

大破したクルマは路肩に運ばれてた。

ともかく、事故って自分が怪我したり死ぬのはかまわんが、後続車が何千何万台と迷惑する。ガソリンや時間の浪費。実に多大の損害である。

そういうことも考えて、事故ってほしい、ってムリか(^^ゞ

結局10時頃に帰ってきたのかな。かなり疲労蓄積。

AKIKOさんたちをおろして、地元に戻り自由が丘のピッティでひとり打ち上げ。



なんか無性にサカナが食べたかったので、サーモンのカルパッチオは願ったりかなったり。

肉食わず、こういう魚食ってれば、健康維持できるんだけどね。

まあ、なにはともあれ今日のところは無事帰ってきたところで万事OKなのである。

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







ココが一番。養老天命反転地
 

愛知2日目。今日は夕方の岡崎のイベントの準備状況撮影以外はフリー。

みんなとは別行動で、自分のしたいことをする日である。

やりたかったことは3つ。

ひとつめが、岐阜の養老公園の中にある養老天命反転地に行くこと。

二つ目が、カレーのココイチの1号店に行くこと。

3つ目が、とにかく大きな風呂に入ること(^^ゞ

ということで、話が簡単な方から。

さすがにホテルのユニットバスでシャワーだけはつらい。

ネットで調べたら、大名古屋温泉なるスゴそうないかがわしそうな施設を発見。

場所が名古屋の裏手の方の住んでるヒトには悪いが、ちょっと下の方な感じの地域。

そして、建物がこれ。



なんか、中華人民共和国っぽくないか?(^^ゞ

一応、宿泊もできるらしいが、850円で風呂が使える。

曰く、名古屋市内唯一の天然温泉。

しかし、見た目と触れ込みの怪しさに反し、風呂はすごくよかった。

とにかく巨大で20mくらいはあるプールのような大浴場。

サウナもデンキ風呂もある。

温泉は少し淡いグリーンできれい。

疲れと汚れをさっと流せた。ありがとう。

温泉の前には、ココイチの1号店を訪ねた。

一宮が起源と聞いていたが、西枇杷島店がそれだった。



「東京から来たんです」と告げたら、パートのお母さん3名がすごく喜んでくれた。

「1号店特典はないよ」と言ってたけど、変わらぬ美味さがあることがなによりうれしい。

朝も抜いたし、ここは好きなものを好きなだけ食べようと、ロースカツカレー400g5辛をいかせてもらった。

大満足。

さて、ココイチに行ったのは2時。

それまではたっぷり時間をかけて、岐阜の養老にある養老天命反転地を見学してきた。

TVで偶然見て、あまりに感動したのでぜひ行きたいと思ってたところなので、今回の出張はほんとにありがたかった。

3時間ほどいたけど、ぜんぜんまだすべてを見れてない。

メインの建物は工事中で入れなかったにもかかわらずだ。

だから、名古屋方面に行くたびに、これからは何度も行きたい場所だ。

どうすごいかは写真でもちょっと伝えようがない。



ご興味の方はぜひネットで検索してほしいのだが、完成から14年。

植えた木々も成長し、雰囲気は変わってきてるが、巨大なくぼ地に奇妙な空間が展開している。

日本地図が全部で5個描かれてるそうなのだが、オイラは4つしかわからなかった。あとひとつをまた探しに行かなくては。



構造物や地面はすべて曲がったり歪んでいる。

とても入れそうもない暗闇や狭いところに入っていく。

製作者の荒川さんは勲章ももらうほどの著名な芸術家であり哲学者らしいのだが、オイラはぜんぜん存じ上げなかった。

とにかく、シュールな空間に身を置くだけでも楽しいが、写真撮影をすると、基本の習熟、常識の破壊、新たな創造が自分の頭の中や技術に展開されて勉強にもなる。



とても怪我をしやすい施設なので、ヘルメットを貸し出したりもしてくれるが、自分の五感を解放し、新たな創造をしたいなんてことが好きな人間には転ぼうが泥にまみれようが怪我しようがそれも楽しみのうちだ。

まったく、この地のすごさが伝えられないことを歯がゆく思いながら、それでも自分の中では今年度間違いなく3本の指に入る大いなるイベントだったのさ、と言えることだけで大満足な一日であった。

χανι
| - | 23:59 | comments(6) | - |







愛を知ると書いて愛知なのだ
 

今日は尾張一宮にお店さんの撮影に行った。

運転は地元スタッフがやってくれたので、気分的にはだいぶラクだ。

出張グルメ日記を期待されてるんだろうなあとは思うけど、意外と今回はフツーである。

でも、その中にオイラ的にはそこはかとなく気づきがあったりして、それがまた趣き深かったりするわけだ。

まあ、軽くつきあってくれるとありがたい。



お昼は、味噌煮込み御膳をいただいた。

なんか愛知といえば「味噌」って感じである。

フツーのお店だったがフツーに美味かった。

しかし、値段のわりには随分な量である(東京だったら1.5-2倍の値段だ)。オイラでも腹がいっぱい。女子は半分食えば十分という感じだった。

さらに、団体で予約してたこともあったので、店長からサービスでコーヒーとデザートがついた。



この抹茶アイスがかなり美味。量もたっぷりで満足じゃ。

送迎バスも出してくれるし、愛知のお店のサービス精神ってすごいな、と思った。

すごいといえば、世のお母さんたちもすごいなと思う。

この仕事は、参加者が小さい子供を持ったお母さん層が中心だし、主宰のAKIKOさん自体が愛息コールダー君を連れてきている。

とにかく、2,3歳児なんてのは、じっとしてないわけだし、お母さんのしつけや教育方針がモロに影響するところだから、興味深いし、頭が下がる。

しつけに正解なんてないから、それぞれでいいと思う。

AKIKOさんはアメリカ歴が長いってのもあるんだろうけど、けっこうユニークな教育方針だ。(本人は当たり前と思ってるだろうけど)

だから、2歳とは思えぬ、行動力実行力でコールダー君は活動してる。ひとりで道を歩き、卵も割れるし、食事処では他の席に遊びに行く。

オイラなんかだとヒヤヒヤしちゃうけど、ちゃんとAKIKOさんは考えて、また目をつけてるので、それでいいわけだ。

他にも3人ばかり小さい子供たちがやってきた。

それぞれ個性があるし、お母さんたちの叱りどころ、教育方針もポイントがあって、なるほどな、と思わせる。

オイラはといえば、例によって、最初はなんだこのオジサン?と興味津々で遠巻きに見つめられる(^^ゞ

2時間くらい経つと、不思議と正体がわかるらしく、ぞろぞろと子供たちが寄ってくる。

子供の挨拶は手荒い。

必ずと言っていいくらい手を上げてくる。

殴りかかるというと大げさだが、「叩く」という触れ方が、コミュニケーションの第一歩のように思える。

言葉なんてのは、親が人間として後から教えるコミュニケーション手段である。

子供のサルとしての本能によるコミュニケーションは接触なのだ。

これは男児も女児も同様だ。

そして、オイラは例によって同じ目線で「戦う」ので、大変喜ばれる(^^ゞ

お母さんがたの教育方針に合ってるかいつも心配になるのだが、オイラはこの方法しかわからんし、叩いたり転がしたり、べそかかせたりしながら、行き過ぎを是正するので、まあこういうオトナもいるんだ、ということで親子が了解してくれればありがたい。

晩飯はおいしいプルコギがあるというので、連れてってもらった。



ビールを飲んでもよかったのだが、「ノンアルコールビールのジョッキ」ってのがあったので、それにしてみた。

まあ、気分はグビグビ(^^ゞ



プルコギは、バターライスなどといっしょに鉄板皿の上に乗っていて、辛いソースをかけてまぜまぜして食う。

焼肉入りキムチチャーハンという感じで美味しかった。

それにしても、この店、焼肉屋というよりは、インドネシア料理屋の風体。

もちろん、ナシゴレンとかもあるのだが、タイカレーもあるし、まあアジア料理屋って感じなのかな。

やっぱり途中で店長がサービスで合鴨の燻製ステーキを持ってきてくれる。

もちろん、東京でもたまにこういうサービスはあるけど、絶対愛知の方が客を喜ばせようという気が強いと思う。

帰りにはお土産に小物を用意していて、好きなの持っていけと言う。

徹底してるなあ。

これといったものはなかったが、なぜかラクシュミーのポストカードがあったのでもらった。



他にもシヴァやガネーシャやハヌマンもあったけど、やっぱ女神でしょう。

店長に「ラクシュミーですよね?」と念を押したらそうだというので頂戴したが、ちょっと自信がなかったのだろう。

あとで駐車場まで店長がインド神事典みたいなのを持って、「合ってますよね?」と念押しに来てくれた。

なんにしても、愛知らしいもてなしぶりとお母様や子供たちにパワーをいただてるザビエルである。ありがとう。

明日は夕方までフリーなので、ザビ流の中京圏の楽しみ方を満喫できればと思っている。

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







愛知出張前泊はカルビ大将
 

我が家の女王様は1日の年休ですっかりご機嫌。朝からパキパキ働いてくれた。

出張前にやるべきことは、おかげで予定通り。

機材をザビスタ号に積んで夕方東京の本郷へ。

アン&アンディのAkikoさんのところにお迎えである。

今回の出張は愛知方面のアン&アンディのお店さん訪問と岡崎市でのフェスタの取材。

ザビスタ号に、AKIKOさんとマキコさん。それとAKIKOさんの愛息コールダー君を乗せて出発。

道程は概ね順調で、夕方の4時半に東京・本郷を出て、途中休憩はさんで、9時ちょうどに名古屋ICの本郷に着いた。

地元スタッフの杉山さんの紹介で、晩飯はIC近くの焼肉カルビ大将。



なんか妙なセンスの看板と建物に一同期待と不安を混ぜ合わせながら入店。

ホッピーとレバ刺しがなかったのが残念だが、お肉は総じて美味しかった。

ああ、また今日も「あすけん」はカロリーオーバーさ(^^ゞ

それにしても、この店で一番の感動は「グビットシュタイン」である。



いわゆる、子供ビールである。

味はシードル系の甘いりんご炭酸味。

色と泡立ちがビールのような装い。

しかし、このネーミングがザビ的にはツボ(^^ゞ

そして、ラベルにはなんかそれらしきイラストと「王子様・王女様への献上品」なるコピー。

ご丁寧に「グビットシュタイン・クラシック」が正式名称。

このいかにもなインチキドイツ語。いいなあ。

ちなみにシュタインはstein=石、である。

アインシュタイン、ノイシュバンシュタイン、フランケンシュタイン、グビットシュタイン(^^ゞ

なんだか、東名とばしてわざわざカルビ大将でグビットシュタインに巡り合うためにやってきたのかと思うと運命を感じるね。

さて、あしたは早いので、この辺で。

藤が丘のホテルに3連泊だが、この辺も昔しか知らないオイラには、オイシイブログネタがたくさんありそうだ。

仕事も充実させつつ、ブログも充実させたい。

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







女王、久しぶりのダウン(-_-;)
 

kikuchyさんの「ダメダメ帝国」がおもしろい。

今日は「総統」自ら「共和政」を宣言してしまい、一日で「ダメダメ共和国」になってしまった(^^ゞ

どうやら、mixiのコミュニティに参画する意図もあるようだが、ダメダメで終わってしまうかもしれない。

そうなるとkikuchyさんは「ダメダメ大統領」に就任してもらいたいが、No.2好きのオイラとしては、狙い目は「首相」か。

しかし、首相は日本国首相の方がダメダメぶりで何枚もウワテなので、オイラは副大統領あたりか。

でも、実際は、mixiコミュの副管理人あたりがいいところだと思われる・・・はうぅ

ダメダメ共和国の中のザビエル王国はどこにあるかというと、一応リアルはザビスタである。

でもバーチャルには、ラクガキストkaoriちゃんの「ラクガキの木(楽画木)」の中にちゃんと地図を記してある。



もう、去年からちゃんと領土を確保してあるのだ。エヘン (と威張るところがダメだな)

それにしてもこの楽画木は世界樹のようである。

今もkaoriちゃんが少しずつ描きこんでるらしいので、完成が楽しみだ。

そういえば、一時ダメダメ共和国にぜひお誘いしたい勢い?だった突破口さんが、最近は正の方向に勢いづいている。



「奇跡の営業所」という本を書き下ろした。

2月末から発売らしいが、アマゾンで予約ができる(こちら)。

また、気の早い?紀伊国屋などではすでに店頭に並んでるらしい。( 紀伊国屋新宿、紀伊国屋新宿南、紀伊国屋渋谷、紀伊国屋横浜、紀伊國屋梅田本店、ジュンク堂三宮店、ブックス・キヨスク新大阪 )

例によって、オイラは内容は知らんが、表紙がとてもきれいなのと、突破口さんがいい人だということは保証する。

さて、オイラの方はというと、昼はスピーカーの図面を完成させて、材木屋に見積をかけた。返事待ち。

あとは、先日の荒木師匠のイベントの大量の画像を整理。

ダンサーさんたちにお渡ししようと一応編集を終わらせた。

んで、かなりメモリを食う作業が続いたから、PCを一休みさせようと再起動させたらハマりました(^^ゞ

立ち上がらず。ついにはセーブモードもダメ。

最初のメモリチェックで動かない。いやあ、約1年ぶりのメインPC「ブラック・クイーン」のストライキである。

ここのところはうまくつきあってたんだがなあ。

こうなると彼女は年休取得を主張して、ガンとして譲らないので、あしたまで放置プレイである。

しょうがないので、ノートPCのブラックマリアを使うことに。

なにしろCPUがとんでもなく非力なので使いにくいのだが、うまいことおだてりゃなかなか働いてくれる。



年休中のクイーンの上にマリアを置き、マウス、キーボード、ディスプレイを接続。

これで、けっこうこうしてブログを打ったりするのには不自由がない。

実は明日の夕方から、3泊3日の出張なのである。

クルマでの移動なので、ディスプレイはともかくキーボードは持っていくと楽チンかも。

出張は久々だが、愛知県方面。ビデオ撮影がメインの仕事だが、中日に自由時間があるので、ちょっと行ってみたい場所がそっち方面にあるので、またブログで紹介したい。

でも、天気がなあ・・・

ま、事故らないように気をつけて行ってきまーす。

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







男の裸100人に癒される、か?
 

2/22はネコの日なのだそうである。ネコ派のオイラとしては、ネコに癒されたかった。

なにげにやること溜まってきたが、やる気がイマイチ。

昼はスピーカーの図面を引いたくらいかなあ。ダメだ。

kikuchyさんが日記で自分のダメさ加減を書いてたので共感。

「ダメダメ会」を作ろうかと提案したら、早速会員が勝手に集まってる(笑)

この調子だと世界征服も夢ではないので、死ね死ね団に倣って、「ダメダメ団」を提案したのだが、いつの間にか、「ダメダメ帝国」にランクアップしてた(^^ゞ

kikuchyさんは「総統」に就任するつもりらしい。かなりダメダメである。


夕方にランちゃんをピックアップ。2月は湯めぐり万華郷の入場料が安いので、とにかく通いまくる気だ(^^ゞ。

たしかに、家風呂が安泰なザビ家では、日帰り温泉の効用はまあまあなのだが、シャワー生活の人には、相当魅力的な施設であることは容易に理解できる。

それにしても、今日の万華郷は激混み。

顔なじみの居酒屋のニイチャンが「昨日今日は○千人、入場してるらしいです。もうヘロヘロです」と言っていた。

入場者数は社外秘かもしれんから伏字にしておこう。

にしても、すごい数だ。

広い風呂場も男のハダカだらけだ。(あたりまえだけど)

滑って転ぶハダカ。ビニール袋を持って駆け回ってる子供のハダカ。ともかくマナー無視のハダカ。

ペットボトル持ち込むやつとか、居酒屋で痴話げんかするやつとか、大騒ぎである。

一番インパクトがあったのは、満員のサウナ風呂で、顔にタオルをぐるぐる巻いて、フルチンで突っ立ってるヤツである。

座るところが空いても、顔にタオル巻いてるから見えないらしい。

延々と突っ立ってる(笑) (チンコなんとかしろ、と言いたくなる)

10分くらいで出て行ったが、普通のオトナだった・・・

ともかく、そんなだけど、湯船につかって、目を閉じれば極楽である。

要は気の持ちようなのだ。

あすけんでカロリー計算をつけてるので、万華郷でこのくらい食うとカロリーオーバーとか栄養が偏るというのもわかってきた。



ちゃんとワカメサラダを頼むザビエル。(すごい進化だ)



お気に入りの部位「ランイチ」は、今日はちょっと繊維が残る感じで、前回ほどの感動はなかった。「ランニ」だな、とランちゃんと会話(^^ゞ

でも、ロースやカルビよりヘルシーで肉のうまみ十分だ。

ビビンバはごま油を使うので、炭水化物としてでなく、脂質がクセモノなのだ。

今日は白飯にしようと思っていたが、ランちゃんが石焼ビビンバを半分コしようというのでつきあった。



すまん。食っちゃった(^^ゞ

鉱物マニアのオイラとしては、この石鍋が気になったので調べてみた。

採石される場所で名前が違ったりするが、要は閃緑岩らしい。

なかなかシブイ石を使うんだなと、しばし感慨。

日本の文化には、石の食器というのはないが、なかなかかっこいいなと思ったりしてしまう。

といっても、重そうだし、使い回しが難しそうなので、自分で所有する気にはならないが。

まあ、そんなこんなでダメダメ帝国ザビエル自治領は今日も平和にダメダメであった・・・

χανι
| - | 00:52 | comments(0) | - |







自分でお茶をたてなさい
 

夕方から、rana氏とsal氏が遊びに来る。

一応趣味であるオーディオのことも、24bitだ平均律だ新スピーカーだと話は出たが、もっぱら健康オタク話に終始。

人間の優劣は悪玉コレステロール(LDL)で決まる、ということが本日は議決された(^^ゞ

これからは、LDL値が高いやつはワルモノである。



そんな話をしつつ、彼らがお土産を持ってきてくれるので、それをつまんでしまうからカロリーオーバーになる。

画像は、sal氏地元の有名な大学芋。ウマシ!



rana氏の京都土産、阿闍梨餅もウマイが同様にワルモノである(^^ゞ

そして、お茶は、ザビママが置いていった抹茶。



誰も自分で茶筌などシャカシャカしたことないので、適当ながらおもしろがってシャカシャカ(^^ゞ

うまく泡をたてるにはどうしたものか。

理屈屋3名なので、ああだこうだ空気の入り方がどうの、回転速度がどうの、と議論しあいながら茶をたてる。

わびもさびもない(笑)

晩飯は、sal氏が「ラグマンが食いたい」と言い出し、じゃあ都内で食えるところ行こう、という話に。

東中野のキャラバンサライ・パオに。http://www.paoco.jp/caravan/index.html

けっこう人気で満席。予約しておいたので、とりあえずエレベーターホールに増設したような別室で食うことができた。

結論から言うと、前回行った時より美味いと思った。いや、実際美味い店である。



サラダやピクルス、オクラのトマト煮なんていう野菜類も健康志向の我々はちゃんと頼むが、メインはやっぱり肉料理。

エスニックな味付けの焼き鳥チェルガが絶品。

ラムロースのたたきも普通に美味だし、鉄鍋料理カラヒィは日本人にもなじみやすい味だ。

ここは、アフガン料理をベースにアレンジしてるのだが、ラグマンも独特の味わいである。

何に近いかというと、坦坦麺に味が近かったりする(^^ゞ

お酒は得意のホッピー外のみをお願い。

sal氏も試飲したが「美味い!」と太鼓判(笑)

あとは、乳酒。ほのかに乳甘くてグイっといけちゃうヤバイ酒。いや、けっこうけっこう。

それにしても、あすけんのカロリー計算表にない料理ばかりで、あとで打ち込みに悩むことになる。

ラグマンは皿うどん、ってな感じで打ち込んでおくんだけどね。

帰りは地元のデニーズでお茶、と思ったら満員。

そこで、sal氏が、「華屋与兵衛はデニーズよりコーヒーが美味いし豆寒天がお勧め」というので行ってきた。



豆寒天、62kcal。蜜をかけなければ超低カロリー。ちょっとだけ蜜を使って、いただくとなるほど美味い。

オイラは逆に塩かけて食えそうな気がする。次回チャレンジしようかな。

結局終日、健康オタクの話をしながら、カロリーオーバー、脂質オーバーの一日である。

まあ、うま楽しかったからいいんだけどね(^^ゞ

χανι
| - | 23:59 | comments(8) | - |







ストレスこそ美味いレバーの源泉
 

朝。氷雨。

先週の健診の結果を聞きに行く。

予想通り、γGTPは下がったものの268。正常値の3倍強。んでも、オイラにしてはがんばった(そこでなぐさめてどうする)

onlyホッピーなどを増やして地道に改善を誓う。

総コレステ233(ややオーバー)、悪玉コレステ163(ややオーバー)。この辺も徐々にがんばる。ことにする。

午後は、行政書士の羽生田さん来スタ。

HPの修正をいっしょに行う。&写真撮影。

照明とストロボを工夫して、今まで以上に鮮明な写真を撮ったつもり。

夕方から自由が丘で飲み。

恒例の彩とり。今日は看板娘のアヤちゃん欠勤(笑)

アヤちゃんが気になる人は前回のこちらをご笑覧のこと。http://blog.studio-xavi.com/?day=20081110

相変わらず、どれも美味い。ママはかわいい。ダンナは黙々といい仕事をしてる。

ほんと、大した店だ。アヤちゃんはいなかったけど・・・



実家が魚屋という裏技を使って、いつもすばらしく美味い魚を備長炭で最高の状態に焼いてくれる。

今日はブリ。まわりはパキっと焼けて、脂たっぷりなのに全然ベトベトしてない。これが一般家庭ではできないプロの仕事。感服。

さて、肝心のやきとり。わがまま言って、「マスター、オイラのレバー、塩で」とお願い。

普通はタレで焼くんだけど、塩と言われちゃ、マスターもプロ魂メラメラか。(いや、この人、いたって物静かです)



イチバンいいところをセレクトして焼き上げてくれた一串。完璧です。

ここで、オイラが「白レバーですか」なんて、余計なことを聞く。

「いえ、白ではありませんが、今日イチのところです。冬は白レバーはなかなか出ないんですよ」とマスター。

当然オイラは「え?冬の方が寒いから脂肪がつくんじゃないの?」と返すと。

マスター。「皮下脂肪は冬の方が増えますが、内臓脂肪はストレスを与えるとつくんです。夏は暑さがストレスになって、白レバーが出ます」とのこと。

フォアグラも食わせて、脂をつけるのかと思ったら、食いすぎのストレスで内臓脂肪になるのだそうだ。

じゃあ、オイラの脂肪肝って、ストレスが原因!?(笑)

鶏がそうなら、人間も同じ理屈のはずだ。ぜひだれか研究してほしい。

ともあれ、白レバ刺しが出たら、ママに連絡をくれるようにお願い。絶対食っちゃる(^^ゞ

さて、締めにビールをもう一杯。うまいにゃあ、ってこれが脂肪肝の原因じゃないのか?(笑)

つまみは気を使って、ネギ焼き。



画像だけでは、この完璧なネギ焼きをお伝えすることができない。

この23年間(どういう根拠だ?)で、これだけ美味いネギを食ったことがない!

素材はもちろん、焼き方、手間のかけ方、見させていただいたが、シンプルにして、完全。

夏と冬でネギの質が変わるので焼き方を変えるそう。ただただプロの仕事にうなるばかり。

他にも美味しいものをたくさんいただいて、打ち上げる。

やっぱ、彩とりは地元が誇る名店である。


羽生田さんと別れたあとは、炭水化物を補給にピッティへ。



ここでもマスターにわがまま言って、メニューない「ジェノベーゼ作って」。

ジェノベーゼソースを仕込んであったので、たっぷりシャクシャクのジャガイモを入れ込んで、作ってもらった。

もう、カロリーなど考えるまい。美味いものは美味いのだ。



と、そこでマスターが食品成分表を出してきた(笑)

マスターは栄養士でもあるので、カロリー話はお手のもの。

小麦粉、○○グラム、xxkcalとか、全部きちんと出せる。

そういえば、最近のファミレスはカロリーが書いてあるが、あれもありがたいようで、食いたいものが食えなくなるというジレンマ発生(笑)

ともかく、今日みたいな「美味いものデー」はすべてを忘れて楽しもうぞ。

明日は節制するからさ、って、明日も悪友たちとメシじゃん(^^ゞ

χανι
| - | 23:59 | comments(2) | - |







ザビエルって、どれほどのもんなの?
 



すっかり紹介し忘れてたが、先日手紙が届いた。

よくみると、これ、スゴくない?

宛名が「ザビエル」である。

普通、「スタジオザビ」とか「加藤」とか屋号や本名が入ってるのだが、ただザビエル!

強烈である。

これで届ける郵便局もえらい!

地元深沢では、ザビエルと言えば、ここだ。とでも知れ渡ってるのだろうか(^^ゞ

なんにしても気分はいいので、手紙の中身を紹介しておくと、知り合いの劇団の公演の案内だった。

劇団「緋の車」。以前、森野亜古さんが挿入曲を演奏し、オイラが録音編集した縁だ。

明日20日(金)〜22日(日)まで、ザムザ阿佐谷で公演。

詳しくは、http://hinokuruma.info/

この手のものが好きな人、行ってあげてね。


さて、今日はまたしても中野である。

ランちゃんから、中野のパスタ屋グランパが、月に一度の500円ランチデーだから、おごってあげるってんで、ご馳走になってきた(^^ゞ



カロリーなんかも考えちゃって、チキンとキノコの和風パスタ。ミニサラダもつけてもらったぞ(^^ゞ

ここは、生パスタだから、麺がもっちりしてて、乾麺とはまた違った美味さが楽しめる。これで500円でいいの?っていう内容だ。

中野方面でご活躍の方々にはお勧めの店だ(笑)

そのあとは、池袋に出てハンズでちょっと買い物。



電気屋には欠かせないテスター。

昔から使ってるモノが接点不良・電池交換期に来てるんで、いずれ買い換えなくちゃと思って数年立ってるのだが(^^ゞ、偶然ハンズで見つけた。

ちゃちな作りの初心者用だが、機能はちゃんとしてる。1260円。昔じゃ考えられん値段だな。

まあ、そのあとは、カラオケに湯めぐりといういつものパターン。

カラオケの成果は、YAZOOのオンリーユーがあったこと(って言ってもだれも反応しないだろう)。

湯めぐりは、焼肉の「らんいち」(モモ肉の一部)という部位が美味かったこと。

そんなところである。

なんだか今晩は雪が降りそうにない。ちょっと楽しみだったんだけどな。

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







リンク
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE