ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」

<< 久しぶりに設備投資 | main | 何を求めているのだろう >>
路頭で謎の外人のCDを買う
ああ、やっぱり大雨だよ。しょうがないので、駒澤大学駅までタクシー。ビデオ機材は重いのだ。雨じゃなければどうするか?駅まで自転車(^^ゞ。これも結構バランス厳しいのだが・・・

今日は某企業のセミナー収録。東京国際フォーラム。上のほうは初めて入ったけど、かっこいいなあ。


ちょっとした未来都市。女の子の撮影に使いたいけど、追い出されるのがオチだ(^^ゞ

収録のあとは、アキバへ買い出し。荷物は重いがせっかく近くまできたのだから。なにしろ、DVD焼きとビデオ編集が増えたので、あっという間にDVD-Rはなくなり、300GBのHDDも容量一杯。ありがたいことで。

さあ、帰ろうとアキバを地下鉄の駅に向けて歩いてたら、不思議な音色が聞こえてきた。金属的な楽器音。非常に深みのある音で、印象的な反復を続けてる。

一聴すると民俗音楽、あるいはタンジェリンドリームやクラウスシュルツである。

地べたに布を敷き、そこにあぐらをかいて、謎の外人が演奏してる。彼の手元には金属鍋?あと2つばかり置いてある。

手で叩いて、音階とリズムと強弱を巧みにつむぎ出す。あまりの見事さに、3度通り過ぎて、結局、彼の前にしゃがみ、1枚3000円のCDを買うことにした。

何しろ、会話ができないし、CDほしいと金渡して、「サンキュー、サー。ベラベラ・・・・」としゃべられても何もわからん。撮影はいいかと聞いたら、なんて答えてるかわからんが、ニコニコしてるからいいのだろう。

とりあえず携帯ムービーで撮ったのだが、保存に失敗したのか、ザビスタに戻ったら、空だった。超残念。

貧乏ミュージシャンの応援になるし、JASRACも関係ないので、敢えて、購入したCDのジャケットと一部CD演奏を公開したい。



演奏はこちらで。

まず、彼が何者かがわからない。CDのクレジットから推察すると、たぶん「ラファエル・ソトマイヨール」という名だと思う。ホームページも工事中だしなあ。

顔立ちは、アジア系とも中米系ともスペイン系とも言える。なかなかイケメンなんだが。

買ったCDだが、前半はシンセやタブラなんかと共演。後半はこの金属鍋のソロ。CD-Rだが、プリントは正規。ただオイラが購入したのは1箇所音飛びがあった。まあ、うちのプレイヤーのせいかもしれぬが。

音質はそれほどよくない。空気感みたいなのがあれば最高だが、この手の楽器はスタジオで録ったら音が死ぬ。そんな感じの音。

とはいえ、演奏はやはり魅力的だ。よくよく見ると、トリニダードトバゴのスチールドラムを逆さにしたようにも見えるし、音もあそこまで明るくないが、似ている。

あるいは、ガムランの調べのようでもあり、もちろん、ジャーマン・プログレッシブの香りプンプンである。水の流れる音なんかも入ってるから、「これ、エドガー・フローゼのアクアだろ」みたいな(笑)

で、やっぱり気になるこの楽器。CDジャケットから、HANGという楽器らしいとわかった。

で、それを手がかりにネットを検索すると、ありました!

http://www.playwood.co.jp/PANArt/en/firma/index.html

おお、スイスの生まれの最新楽器なのね。やはり、スチールドラムを研究してるんだ。まだまだ日本への入荷は少ないみたいだが、1個10万5千円。高いのか安いのか?

「タイコ屋」さんは、今覚えたら、もしかしたら、あっという間に日本一のHANG叩きになれるよ(笑)。冗談はともかく、誰か挑戦してくれー

χανι
| - | 23:59 | comments(4) | - |







コメント
それこそ、ザビスタが環境音が抜群にはいったCDを作ってあげたらどうですか? もちろん、録音場所を選んでの採録となるだろうし、シンセとの競演は難しいかもしれませんが、逆に生ピアノとのコラボも面白そうですよ。
| sal | 2006/09/28 9:46 AM |
名前からすると、フランス系か。
どの辺にいたのか教えてください。
私も聴いてみたい。
| rana | 2006/09/28 10:22 AM |
オーディオ両師範からのカキコ感謝です。

オイラも一応シンセ持ってるし、オールザビスタで、というのも学生時代だったらやってたかも(笑)。まあ、当時は貧乏だし、どちらかというと、演奏するより、作る方に興味がいったかな。まあ、いずれにせよ、プロのパーカッショニストとふれあうことが多くなって、自分でやる気というのはなくなった。

でも、実際収録するなら、最低小ホールは借りないといけないだろうねえ。

rana殿、RAFAEL SOTOMAYORというのが綴りです。ソトマイヨールであってるのかどうかわかりませんが、オイラは中米の走り高跳びの選手しか思いつかなかったので。

演奏場所は、JRアキバとヨドバシの間の新しい道。JRの東西自由通路を抜けてくると音がしてます。私が行ったときは、2,3人が遠巻きでしたが、私が近づいたら、他の人たちも集まってきて、最後は拍手が起きたりしてました。やってればすぐわかります。

χανι
| ザビエル | 2006/09/28 11:31 AM |
初めまして。
私も当時同じ体験をしてCDをご本人から買いました!
新宿西口の路上でした。
妙に気になって、音も心地よく、今買わなきゃ後悔する気がして思い切って買いました。

その後、10年以上経って聴いてもいいですね・・・
先日縄文をテーマにしたグループ展を小さなギャラリーでやった際、BGMに流したらまぁ合うことこの上なく・・・
重宝いたしました。

このブログに辿り着いて、同じ体験されたようで嬉しくなって書き込ませていただきました。失礼しました。
| ヤギ? | 2020/05/12 7:07 PM |


コメントする









リンク
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE