ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」

<< それでもオイラはきっとツイてるんだよ・・・ | main | ホッピー・ハッピー・オッパッピー >>
いくら革フェチだと言ってもさ・・・
 

昼の編集作業はまあボチボチ順調。

夜は、しのさんと飲み会。新年会兼飲み納め。

毎年恒例のバレンタイン検診に向けての1ヶ月自主禁酒を明日からは始めるのだ。

今日は飲むぞ、と。

んで、しのさんが店を指定してくれたのが「銀座ささもと」。

本店は新宿しょんべん横丁なんだが、銀座はそれより少し上品(笑)

それでも、銀座らしからぬ店構えが好感が持てる。

豚や牛の煮込み、串焼き、刺身が自慢。酒は焼酎の葡萄酒割りとか世俗的(^^ゞ

煮込みや焼きももちろん美味かったが、我々は当然ナマニクパーティ。



特にホーデンは初めてだったので、ドキドキワクワク。

あ、ホーデンってのは、豚さんのタマタマね。

味は意外にもさっぱり。やわらかめのお肉という感じだった。一度ご賞味あれ。

飲み物はまずは生ビールだが、そのあとに独特の焼酎ドリンクがある。

しのさんは名物ブドウ割り。オイラは酸塊割り。



なんだこの悪者みたいな名前は? これでスグリと読ませる。

焼酎(キンミヤ)9.5にカシス0.5の割合。強い!酔う!

このシリーズは3杯で打ち止めされる。たしかに後で考えるとベロベロだったかも。

とにかく、肉と酒は満足したので、あとは炭水化物と音楽を求めてパセラへ。



ハニートースト、食ったなあ。。。(家帰って体重はかったらすごいことに)。

とにかく、ビートルズの初期&ロックンロールナンバーを歌い続ける。

しのさん、踊り続ける。

帰る段になって、しのさんの革手袋がなくなる。

探しまくるがダメ。ささもとまで戻って聞いたがない。「会社に置いてきたんじゃないのー?」などと話しながら、今日のところはお開き。

さて、地元に戻って、手袋しようとコートに手をつっこんだら、なんかすごい違和感・・・

革の感触なんですが・・・・あれれ?!なぜか、しのさんの革手袋がオイラのポッケに(笑)



しのさんと連絡とるが、酔っ払い同士、まるで記憶なし。どうしてここにキミの手袋が・・・

むう。。。

いくらオイラが革フェチといっても、女性の身についてない革モノには興味がない。

しのさんがはめててこその革手袋である。おかしいなあ・・(-_-)

ともかく、そんな1日。

あと、革フェチついでに賞賛を送っておくと、映画ヤッターマンの深キョンドロンジョが公開された。



総額5000万のオール本革仕様だって。

たしかにブーツのフィット感とかシワの入り方とか、革にうるさいオイラも納得の出来映えだ。

また、深キョンはロリ系キャラだが、衣装とメイクとヘアスタイル(今回はマスク)で女性はいかようにでも変身できるということを証明してくれた。

オイラもこれに勇気をもらい、より多くの女王様を誕生させるべく、これからも努力したいと思った次第である。

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









リンク
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE