ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」

<< 世にはアクシデントがつきものだ | main | ビルをたずねて三千里 >>
神社・パワスポ・川の関係
 

きのう、アクシデントの中を強行突破したキキダス中山さんの「お客様は神様か?」は、最高14位まで上ったらしい。

まさにキキダスの語源「聞き出す、効き出す、危機脱す」のとおりか。

このブログを読んでご協力いただいた人には御礼申し上げたいし、何よりオイラとしては本のご案内ができただけでもよかったと思っている。


携帯からの人にはわからんが、PCの人にはブログのデザインがビミョーに変わったのがわかるかも。

人のブログを偶然見て、ヨサゲだったので拝借してきてしまった(いいのか?)

ブログのプログラムはよくわからんのだが、なんとなくエイヤでコピペしたらうまくいったので気をよくしてる。


さて、今日は昼にチープスリルのPVを2つばかりYouTubeにあげてみた。

1個は、オイラのお気に入りの「ポカポカ陽気にさそわれて

bebeさんから、前にあげたのは気に入らないと言われたので、先日の富士のライブに変更してみた。

もうひとつは同じく、富士のライブから「すいか

これは、とても人気のある曲だ。たしかに楽曲も歌詞も味があってキャッチーだ。


そのあとは、慶應中等部時代からの親友たちと新年会。

まずは新年会らしくお参りをしようと、明治神宮に行ってきた。



実は東京に50年近く住んでて、明治神宮に行ったのは初めてである。

オイラは神様好きだし、神社好きだが、明治神宮は明治天皇を祀った神社だから、どうも明治天皇を神として拝むのに納得のいかなかったオイラは足を運ばなかったのだ。

しかし、結果行ってよかった。

明治神宮の敷地内に、明治御苑という庭園がある。(別途有料)

ここはもともと加藤清正の下屋敷で江戸時代を通じては井伊家、そして明治天皇に引き継がれた場所。

最近は誰かがパワースポットがあるとか言い出したので、ビミョーな人気があるらしい(笑)

んで、そのパワースポットのありかだが、庭園の一番奥、ちょうど明治神宮の本殿の脇のところにある「清正井(きよまさのいど)」がそれ。



いかにも、パワスポ目当てのおねえさんたちが集まっている。

もちろん、オイラには何も感じないが、別の意味で興奮を隠し切れない。

この井戸は清正が掘ったと言い伝えられるが、それは定かではない。

しかし、山の手特有の湧水のひとつであることは間違いなく、その流れは御苑内の南池に一度溜められ、さらにその流れは山手線をくぐって、かつて竹下通りの横を流れてた原宿川の源流となっているのである。(このことは以前ここで書いた)

写真もいっぱい撮ってすっかり満足。

仲間たちも影響を受けたのか、原宿川(穏田川)を見に行こうということで、そのあとは表参道に出て、シャネルのところから旧穏田川上の遊歩道沿いに歩いたりした。



川マニアには発見に次ぐ発見で興奮しっぱなしである。

そのあとは昔近所に住んでいた上海帰りのM氏が「穏田神社ってのがある」と言い出し、「お参りお参り」とみんなでその小さな神社を探して行ってきた。

この神社は江戸時代前から建立されてたようで、そういう意味では明治神宮よりこっちの方がよっぽど由緒正しそうである(^^ゞ

副都心線で新宿に出て、そのあと少々ビリヤード。



ビリヤードって撮影の対象としておもしろいねえ。絵になる。

下の画像はブレイクショットの瞬間。適当に撮ったけど結構タマの動きがおもしろい。

6時には予約していたお得意の串蔵へ。

激混みでヤングたちが盛り上がってたが、我々は奥の部屋に通してくれたので静かでよかった。



オイラにとってはいつもどおりの、野菜やら、ささみアボカドやら、串ものをみんなに勧めてみた。

総じて絶賛。よかった。

週末は2時間で追い出される。まだ8時なので例によって懐メロを歌いにパセラへ。

うーむ、今日はザビエルいきつけ多し(^^ゞ



ティラミスハニートーストを食べながら、古い歌を歌いまくる。

とまあそんな感じの1日だった。

オイラとしては旧友たちとのいつもと変わらぬ遊びに感謝しつつ、東京の川の源流のひとつを見れたことに感動した時間であった。

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









リンク
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE