ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」

<< 師匠の○○をマッサージ | main | 人はなぜ物を作りたがるのか >>
コストコ・湯めぐり・オイスター
 

奉仕週間2日目。

今日は午後からモコさんとデート。

湯めぐり万華郷生牡蠣ツアーをぜひ、とのことだったので、企画したところ、予定より早く湯めぐり内の居酒屋が閉店してしまい、すったもんだしたのは先にも書いた。

キキダス中山さんのおかげで、生牡蠣屋のメドがついたので、ともかくツアー実行となった。

モコさんが行きたいところとして、コストコもあがっていたので、ついでにまず幕張のコストコに行ってきた。



オイラは初めて行くのだが、コストコはまあアメリカ流巨大スーパーマーケットである。

BBQパーティ仲間のドームさんがよく牛肉ドカンと仕入れてくるので、肉屋だとばかり思っていたが(^^ゞ、食料品、日用品はもとより、パソコンからロレックスまで置いてある。

5カラットのダイヤもあって、2000万以上の値段がついてたぞ。

入会金が必要なので、大量に買う人、日常よく使う人じゃないとメリットが出にくいが、けっこうお客さんは入っていた。



モコさんのお目当てはコレ。

アメリカ製のトイレットペーパー。なんかデザインと使い心地がいいらしい(^^ゞ

18m巻36個ってどうよ(笑)合計648m。うーむ。

とにかくコストコで売ってるものはすべて巨大。

それと、このペーパーもそうだが、カークランドシグネイチャーってのが多くの商品に登場している。

後で調べたら、コストコオリジナルブランドらしい。

とにかく、巨大消費型生活の方々にはお勧めのコストコだった。

そして、幕張から新浦安にもどって湯めぐり万華郷。

ランちゃん以外の女性と行くのは、ザビママ以来だ(笑)

ゆっくりひとりで内湯に入りたがるランちゃんとは逆に、モコさんは水着ゾーンでいっしょに話をしながら楽しむのがお好みとのこと。

そういうわけでオイラも久しぶりに水着ゾーンに行ってみた。

真冬とはいえ、たくさんある水着ゾーンの露天につかっていれば、けっこうのぼせる。

ましてや話をしながらだと、いつもより入りすぎてしまいクラクラ(笑)

「こんな長く風呂に入る男みたことない」とモコさんに言われつつも、湯めぐりマニアの面目躍如。

モコさんにも十分楽しんでいただけた。

そしてシメは東京に戻って生牡蠣大会。

キキダスさんに勧められてたいくつかの生牡蠣屋のうち、オイラに合いそうだったのはジャックポットというチェーン店。

新宿は予約が取れなかったので、品川にしたのだが、とてもよかった。

予約席には、オイラ宛の手書きのウェルカムカードが置いてあった。



まずは、盛り合わせやらお好みやらぐるなびサービスやらの盛り合わせ。

旗を立ててくれてるのがわかりやすくてえらい。

もちろん、コレだけじゃ足らないから、お代わり。

生牡蠣がイケないのは、いくらでも食えることである。

調子に乗って食ってたら、金が追いつかない(笑)(それでもこの店はリーズナブル。1個320円くらいから)

通のモコさんの言うには、三重の的矢産、および海外産のがイケてるとのことだったが、この店では、三陸産の方が安くて大きくて美味かった。

おそらく輸送の関係で、三陸産の方が新鮮でいいものが入るのだと思う。

他にも、牡蠣フライ、ガーリックバター焼きも美味かった。



そして、この店がザビ的に使えるのは、イタリアンのお店だということだ。

ピザ窯もちゃんとあるし、イカ墨パスタもちゃんとしていた。

普段、もっと上級の店に行ってるモコさんには物足りなかったかもだが、ザビレベルでは十分にお勧め店。

どう見てもアフリカ系黒人の「ボビー」(名札が手書きカタカナでシブい)がフロアを切り盛りしてて好感が持てる。

ピーク時は、品川ヤングサラリーマンで、ややにぎやかそうなのが難点かもだが、デート利用でも十分イケると思う。

そんなこんなで早めの帰還となったが、帰ってくるなり爆睡(^^ゞ

やっぱ長湯は疲れるのである。と言いながら、明日もランちゃんと湯めぐりなんだよなあ(笑)

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









リンク
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE