ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」

<< コストコ・湯めぐり・オイスター | main | バポナ!恐るべし! >>
人はなぜ物を作りたがるのか
 

ザビエル女子用レザーコレクションを整理しててボー然。



Max&COの真っ赤なフェイクレザーパンツに他の黒い素材の色がべったりと写ってしまった...○| ̄|_

消しゴムでもアルコールでもシンナーでもマジックリンでもびくともしない。はうぅ

かなり写真映えするパンツだったのになあ。。。。ほとんど活躍することなくお蔵入りかぁ・・・

いきなりローテンションな1日。

夕方、ランちゃんをピックアップして、湯めぐり万華郷。

ランちゃんはランちゃんで食あたりを起こしたみたいで、これまたローテンション(^^ゞ

ローテンション同士で、それぞれ温泉につかって湯治。老人かよ(^^ゞ

それでも湯治効果というのはなかなかのもので、帰るときにはお互い随分元気になっていた。

めでたしめでたし。

というんじゃ、ブログにならないので、もう少し書く。

よく、ひとりで1時間も2時間も温泉つかって飽きないのか、と言われるが、そんなことはない。

のんびり考え事ができるからありがたい貴重な時間だ。

最近のオイラの頭の中は、年に何度か起きる「スピーカー作りたい病」に冒されている。

温泉はもとより、トイレに入っていても、ザビスタでぼけーっとしてても、ここのところはスピーカーの設計やデザインのことばかり。



これは2002年に作った10cmユニット用のバックロードホーンの側板をつける直前。

クロワッサンというかミルフィーユというか、この構造はオイラのオリジナルアイデアで理論上は結構すぐれもののはずなんだが、実際は工作精度が悪かったのか、音はイマイチだった(すぐにお蔵入りして今はガレージに置いてある)。

これの20cm版を作りたい。空気漏れなどをしっかり防げば、かなりいい音になるはずなのだ。

その設計や工作方法やデザインが頭の中を占有してるのだ。

オイラは子供の頃から、プラモデルとか工作とか、ヘタクソなくせに大好きで、何か作ってないと気がすまない性格。

今も、映像制作というソフトではあるが、一応作る仕事を生業にしている。

別に表題にこれといった薀蓄はないのだが、人間、多かれ少なかれ、何かを作ったときの快感というものは誰しも持っているだろう。

本を作る人、音楽を作る人、料理を作る人・・・その他イロイロあるだろう。

以前、デイトレーダーをやってた人が、「年に数千万は稼げたが、数年やったらむなしくなって、新たな仕事を探したい」とおっしゃってた。

株とかで儲けるのはうまくいけばウハウハなんだろう。

でも、そこには何か作った感がゼロなのだろう。

もし、何かを作る趣味があって、株はその資金を稼ぐため、というふうになってれば、よかったのかもしれぬが、そうでないとむなしい日々となってしまうのかな。

人それぞれだろうけど、とにかくオイラは今スピーカーが作りたい。

でも、物事には順序というのがあって、そこにいくまでにはやるべきことがいくつかある。(部屋を片付けるとか(^^ゞ)

まあ、そんなわけで、頭の中でグルグル考えてるときが一番楽しいってのも言えるんだけどね(^^ゞ

χανι
| - | 23:59 | comments(2) | - |







コメント
いきなりBH復活ですか。これはあの時の前向きアンモナイトだよね。でも20cmにすると考えたくないくらい重くならないか??
一度10cmくらいでスケールダウンモデルをつくって試してみるのはどうだろう?
ついでに元祖アンモナイトもつくってベンチしてみるとか。
そんな暇ないか(笑)
でも楽しみ。
| rana | 2009/01/29 10:05 AM |
ranaどの
反応ありがとう。
ここなら、あまり読む人いないだろうから、少し専門的に書く。
そう、まずこれはおっしゃるとおり、前向きアンモナイト。
無駄のないスペース利用、滑らかに広がるホーンなどをそのままにユニット前面取り付けを可能にした。
当然20cm級だと、この高さと奥行きのまま、幅を増やす方向(約3倍)で作ることになるので重い。でも、D-58などに比べれば軽いはず。板も少なくする予定。
rana氏がおっしゃるのは、アンモナイトLL級じゃなくて、Mくらいの巻き数で、前向きとオリジナル作れ、ってことだよね。
試作なら、一本ずつでいいか。おもしろいかも。

でも、その前にザビスタ創設時に買い置きした16cmものを4箱、イシュタルの38cmウーハー版をつくり、アンプ・LCネットワーク関係を整理するのが先なんだよ(涙)

あー、でも試作をそれらより先にやるのは手順としておかしくないな。。。。

いかん、火がつくかも!(笑)

χανι
| ザビエル | 2009/01/29 11:13 AM |


コメントする









リンク
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE