ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」

<< バポナ!恐るべし! | main | たくみなたくらみ悪だくみ >>
歌舞伎町の電源事情を勉強する
 

クスリが切れたので(^^ゞ、午前中に良子先生のところへ。

尿酸抑制薬を処方してもらい採血。なんか針の刺し方がいいのか、全然痛くなかった。

「そういうことは、ブログで宣伝するように」と良子先生に言われたので書いておく(^^ゞ

採血が上手い内科医院=自由が丘本間内科クリニック (^^ゞ

ともかく、禁酒して半月。結果が楽しみである。

にしても、減量の方はなかなか進まない。去年は69.6kgまでこの時点で落ちている。今は71.0kg。

良子先生曰く、「去年と同じにやって落ちないのは歳のせい」。なるほど・・・


午後はザビスタでネットやったり、スピーカーの構想練ったり。やっぱ、スピーカーのこと考えてるのは楽しいねえ。

晩飯後、歌舞伎町に出かける。

最近のオイラの行動を知る人からすると、飲みかライブか?と言われそうだが、実はレッキとした仕事。

先日、夜中に知人からTELがあり、「友人の店の音調をやってほしい」と頼まれたのだ。

そりゃ、オーディオシステムのクリニックなら得意とするところだが、お店のPAシステム調整ができるもんだろうか。

ともかく、機材(周波数測定器やらチェックCDetc)を持って行ってきた。

雑居ビルの中の店だが、内装はいわゆるカラオケスナック。

ただし!一角にエレキギターやらマーシャル真空管アンプ(ギター用ね)やらがドワーっと置いてあり、タダモノではない。

店長がギタリストで、赤毛のおねーちゃんがサックス吹きだそうで、カラオケでお客さんが歌うと生伴奏を入れてくれる。

サウンドチェックに中島みゆきをやってくれたが、かっこいいんだこれが(笑)

さて、肝心のシステムチェックだが、症状は左右のバランスがおかしい。&時々音が不安定になる。

いろいろ調べたら、どうもミキサーの内部アンプのバランスが狂ってそう。

ほんとはメンテ出したほうがいいけど、とりあえずフェーダーでバランスをとる。

そんで問題は、音の不安定の原因なんだけど、どうみてもお店自体(いやビル自体)の電圧が足りない。

そこはお店も気になってて、電圧チェッカーを入れてるのだが、90Vそこそこしかないのよ(^^ゞ

ましてやこれで大音量カラオケやると、ひどいときは80V近くになるらしい。

それじゃあ、機械もまともに動かんワナあ・・・

ビル側にも交渉したけど、どうも解決は難しいらしい。

一応、昇圧トランスを勧めておいたが、それで解決すればいいが。

他にも、サブミキサーやボーカル用のリミッターなどの導入留意点をあれこれアドバイス。

1時間ちょっといたけど、自分としては当たり前のこと話しただけなんで、お代はいいと言ったが、ぜひ受け取ってほしいと言ってもらい、コンサル料をもらってきた。

考えてみれば、今日話したことは、30年前の知識である。

ハタチのオイラでもアドバイスできた内容だ。

だけど、20歳のオイラにはお声はかからないし、誰も聞く耳は持たぬし、紹介推薦もしてくれなかっただろう。

やってること、知識は30年前と変わらぬけど、やはりそれなりの年齢、それなりの蓄積、それなりの交友関係ってのがあって、これが「仕事」になるわけである。

禁酒中でなければ、間違いなく近所のサカバーで、今夜の稼ぎを使ってしまうところだが、今日のところは素直に直帰。

150円でウーロン茶買ったのが、自分へのご褒美。

いただいた御代はpasmoのチャージに使わせてもらった。

またひとつ、自分が勉強させてもらった良い一日だと思う。

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









リンク
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE