ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」

<< たくみなたくらみ悪だくみ | main | ルパン3世を知ってますか? >>
所詮、中の下ですから(^^ゞ
 

油断してたらもう2月だ。まあ、いいんだけど。

そうそう、あんなにいいオンナはインフルにかかりやすいから気をつけてね、って書いといたのに、先日またひとりダウン。救急車で搬送されたらしい。早くよくなってね。


禁酒してるんで、ザビスタ冷蔵庫を開ける機会がなく、うっかりしてたが、中がからっぽだった。

つまり、冷蔵庫まわしてる意味ないじゃん。さっそく、コンセントを切る。

正直に書こう。ここ数年、冷蔵庫の掃除をしてない。

この機会に霜取り&掃除をしよう。



大量の霜の塊摘出(^^ゞ

そのあと、ちょっと走りが足りないので、ジョギングへ。

いつもは行き先を決めるのだが、今日はあまり向かいたいところがない。

足の向くままに走ることに。。。。そうしてるうちに、ああ、古墳に行こうと思った。

第3京浜の入り口あたりに野毛大塚古墳ってのがある。



関西の大古墳にゃかなわないが、東京にも大昔から人が住んでいて、多摩川沿いには結構墳墓が並んでたりするのだ。



上に登れるので、シモジモを見下ろしてみた(^^ゞ

はるか向こうに丹沢山地が見える。その向こうに富士山が見えるはずなんだが、木や雲が邪魔で見えん。

景観考えて公園作って欲しいよな。

この先は、公園にあったガイド板を参考に、国分寺崖線沿いにジョグることにした。

国分寺崖線ってのは、武蔵野台地(東京)と多摩川の境目のところの崖である。

地理的にみてるだけでおもしろい地形だが、99%の人にはどうでもいいことだな(^^ゞ

崖沿いに等々力渓谷→等々力不動→宇佐神社→浄真寺という地元の見所をつなぐコースだ。



等々力渓谷はやはりいつ来てもいいところだ。23区唯一の自然渓谷ってのが自慢。

ともかく、走るには崖沿いに登ったり降りたりの難コースで最後は九品仏の名で知られる浄真寺へ。

九品仏というのは以前書いたが、人間を上中下、そしてその中をさらに上中下の9ランクに分け、その9ランクそれぞれに救ってくれる観音様がいるっていう仕組みになっている。

ちなみにオイラは「中の下」にランクされている(^^ゞ



なので、そこの観音様を拝むことにした(笑)

じゃあ、オレはどのランクだ?という人が出てきそうだが、まあほとんどみんな中の下ですから。。。

はい。これが、ランク表。再掲載。

上品上生(じょうぼんじょうしょう) 勇猛果敢な大乗仏教の行者
上品中生(じょうぼんちゅうしょう) 大乗仏教をよく理解し信じる者
上品下生(じょうぼんげしょう) 大乗仏教を信じうやまう者
中品上生(ちゅうぼんじょうしょう) 戒律をまもる上座部仏教の修行者
中品中生(ちゅうぼんちゅうしょう) 上座部仏教の在家信者
中品下生(ちゅうぼんげしょう) 世間の道徳をまもる善男善女
下品上生(げぼんじょうしょう) 悪業を多くつくり反省のない悪人
下品中生(げぼんちゅうしょう) 戒をやぶり仏教をはずかしめる悪人
下品下生(げぼんげしょう) ありとあらゆる罪悪を犯した大悪人


まあ、悪者はみんな下品。仏教信者および坊主が中中以上っていう、なかなか上も下も目指すのはタイヘン。

みんな、所詮、中の下なのだから、仲良く淡々と生きましょうや(^^ゞ

そんなこんなで、体重は70.2kg。

少し落ちる気配が見えてきたぞ。

ま、その辺も淡々とやってきます(^^ゞ

χανι
| - | 23:59 | comments(1) | - |







コメント
ありがとうございました
| 望月 | 2009/11/13 9:36 PM |


コメントする









リンク
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE