ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」

<< ルパン3世を知ってますか? | main | 2回り違いのおつきあい >>
恵方巻なんて、ブッ飛ばせ!
 

久しぶりに、さりーちゃんとデート。新宿アルタでの買い物につきあって、そのあとレタしゃぶにご案内した。

うーむ、すでに今年3回目。完全にハマってるザビエルである。

この店は、実はレタしゃぶ屋ではなく、郷土料理屋と銘打っており、地酒が充実&他の一品料理も美味い。



これは特にお勧めのナマコ。

とにかく量が多い。食感もやや柔らかくて、最後はしっこりで食べやすく味もいい。

今日は他に、生牡蠣やホヤもいただく。

この辺も食べられるさりーちゃんもエライ。

そしてメインイベント、レタしゃぶ。



さりーちゃんの想像をはるかに凌ぐ美味さだったようで、終始ニコニコ状態。

100点満点で120点!というお褒めをいただき、自分のことのようにうれしいぞ。



とどめにラーメン投入。ダシの効いたウマウマの塩ラーメンになる。

文句なしの3重丸だった。

そのあと銀座にまわり、荒木師匠のいるパールメールへ。今週来週はバレンタイン週間ということで、歌や踊り、チョコプレゼントあり!みんな行ってあげてね。

さてさてところが、その直前で、元同僚のS君とすれ違う。彼とは去年もゴルフに行ったし、「あ、今朝ブログ読んだザビエルさんだ」とか言われる(^^ゞ

「カーナピーナに連れてってください」とあとでメールあり。ぜひぜひ。連絡頂戴。

話戻って、パールメールでは、節分だね、豆まきだね、恵方巻だね、と季節の話題。

東京もんにとって、恵方巻はどうにも気に入らん最近のブームだ。

こういうものは関西文化として大事にしていただけばいいので、コンビニの商業戦略に乗って、食いたくもない太巻き寿司を食うなんてイヤである。

お店にいたAKARIちゃんが、「恵方巻の食べ方って、なんかイヤラしいですよね」とか言い出して、なるほどたしかにと思った。

オトコはいいが、女性がやるとアレだもんねえ。

そこで、ザビエル、ハタと気づいた。

「天の橋立って知ってる?あれは、股の下からさかさまに覗くって言われてるじゃないですか。実は、あれは江戸時代に女の人に股を開かせるために始まったものなのだよ」と、ウンチクを披露。

「ということで、恵方巻も、実は最初は女性にまるかぶりをさせるために、関西の誰かが発案したものなのだ!」といい加減なウンチクをその場で考えた。

でも、意外とホントだったりして(笑)

女性陣にもウケたので、さらにハタと気づいて、しばらく中座。



近所の美味しいケーキ屋マルキースに行って、特製ロールケーキを2本買ってきた。

オイラ自身が太巻きキライだし、女性にそんなものを食わせるわけにもいかない。

太巻き<ロールケーキ、でしょう(^_^)v

「ということで、AKARIちゃん、どうぞ!」



ハイ!お見事!

だから、こういうことをやらせたいために恵方巻ってのはあるわけね。

ここで、荒木師匠が「エロさで行ったら、黒い方でしょ」とかチャチャを入れたので、新人のSAYAKAちゃんにやらせたが、エロ過ぎて掲載できません(爆)

「きれいな子がやるから、エロくて絵になるけど、デブのおばさんがやったら、ただの食いしんぼにしか見えないねえ」と荒木師匠。

まったくです(^^ゞ

かくして、随分たのしい節分とあいなった。

恵方巻は関西にまかせて、東京はロールケーキをいいオンナに食わせる日を節分とすることにする。

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









リンク
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE