ザビエル・カトーの、「煩悩のままに生きてます」

<< 愛知出張前泊はカルビ大将 | main | ココが一番。養老天命反転地 >>
愛を知ると書いて愛知なのだ
 

今日は尾張一宮にお店さんの撮影に行った。

運転は地元スタッフがやってくれたので、気分的にはだいぶラクだ。

出張グルメ日記を期待されてるんだろうなあとは思うけど、意外と今回はフツーである。

でも、その中にオイラ的にはそこはかとなく気づきがあったりして、それがまた趣き深かったりするわけだ。

まあ、軽くつきあってくれるとありがたい。



お昼は、味噌煮込み御膳をいただいた。

なんか愛知といえば「味噌」って感じである。

フツーのお店だったがフツーに美味かった。

しかし、値段のわりには随分な量である(東京だったら1.5-2倍の値段だ)。オイラでも腹がいっぱい。女子は半分食えば十分という感じだった。

さらに、団体で予約してたこともあったので、店長からサービスでコーヒーとデザートがついた。



この抹茶アイスがかなり美味。量もたっぷりで満足じゃ。

送迎バスも出してくれるし、愛知のお店のサービス精神ってすごいな、と思った。

すごいといえば、世のお母さんたちもすごいなと思う。

この仕事は、参加者が小さい子供を持ったお母さん層が中心だし、主宰のAKIKOさん自体が愛息コールダー君を連れてきている。

とにかく、2,3歳児なんてのは、じっとしてないわけだし、お母さんのしつけや教育方針がモロに影響するところだから、興味深いし、頭が下がる。

しつけに正解なんてないから、それぞれでいいと思う。

AKIKOさんはアメリカ歴が長いってのもあるんだろうけど、けっこうユニークな教育方針だ。(本人は当たり前と思ってるだろうけど)

だから、2歳とは思えぬ、行動力実行力でコールダー君は活動してる。ひとりで道を歩き、卵も割れるし、食事処では他の席に遊びに行く。

オイラなんかだとヒヤヒヤしちゃうけど、ちゃんとAKIKOさんは考えて、また目をつけてるので、それでいいわけだ。

他にも3人ばかり小さい子供たちがやってきた。

それぞれ個性があるし、お母さんたちの叱りどころ、教育方針もポイントがあって、なるほどな、と思わせる。

オイラはといえば、例によって、最初はなんだこのオジサン?と興味津々で遠巻きに見つめられる(^^ゞ

2時間くらい経つと、不思議と正体がわかるらしく、ぞろぞろと子供たちが寄ってくる。

子供の挨拶は手荒い。

必ずと言っていいくらい手を上げてくる。

殴りかかるというと大げさだが、「叩く」という触れ方が、コミュニケーションの第一歩のように思える。

言葉なんてのは、親が人間として後から教えるコミュニケーション手段である。

子供のサルとしての本能によるコミュニケーションは接触なのだ。

これは男児も女児も同様だ。

そして、オイラは例によって同じ目線で「戦う」ので、大変喜ばれる(^^ゞ

お母さんがたの教育方針に合ってるかいつも心配になるのだが、オイラはこの方法しかわからんし、叩いたり転がしたり、べそかかせたりしながら、行き過ぎを是正するので、まあこういうオトナもいるんだ、ということで親子が了解してくれればありがたい。

晩飯はおいしいプルコギがあるというので、連れてってもらった。



ビールを飲んでもよかったのだが、「ノンアルコールビールのジョッキ」ってのがあったので、それにしてみた。

まあ、気分はグビグビ(^^ゞ



プルコギは、バターライスなどといっしょに鉄板皿の上に乗っていて、辛いソースをかけてまぜまぜして食う。

焼肉入りキムチチャーハンという感じで美味しかった。

それにしても、この店、焼肉屋というよりは、インドネシア料理屋の風体。

もちろん、ナシゴレンとかもあるのだが、タイカレーもあるし、まあアジア料理屋って感じなのかな。

やっぱり途中で店長がサービスで合鴨の燻製ステーキを持ってきてくれる。

もちろん、東京でもたまにこういうサービスはあるけど、絶対愛知の方が客を喜ばせようという気が強いと思う。

帰りにはお土産に小物を用意していて、好きなの持っていけと言う。

徹底してるなあ。

これといったものはなかったが、なぜかラクシュミーのポストカードがあったのでもらった。



他にもシヴァやガネーシャやハヌマンもあったけど、やっぱ女神でしょう。

店長に「ラクシュミーですよね?」と念を押したらそうだというので頂戴したが、ちょっと自信がなかったのだろう。

あとで駐車場まで店長がインド神事典みたいなのを持って、「合ってますよね?」と念押しに来てくれた。

なんにしても、愛知らしいもてなしぶりとお母様や子供たちにパワーをいただてるザビエルである。ありがとう。

明日は夕方までフリーなので、ザビ流の中京圏の楽しみ方を満喫できればと思っている。

χανι
| - | 23:59 | comments(0) | - |







コメント


コメントする









リンク
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
最新コメント
最近のブログ
ARCHIVES
PROFILE